仕事一筋の彼に別れを伝えました。。後悔でいっぱいです。。相談者ミミさん

《ドラムストロベリーからのメッセージ》

 

ミミさんへ


とても真摯に
おふたりのこと

 

そして彼氏さんのこと
ご自身のことまで

 

深く深く考えていらっしゃる姿勢に
ミミさんの誠実なお人柄を感じます。

 

自分本位とは微塵も感じません。

 

さて、男は『仕事』に対して
女性の理解を超えるほどの
こだわりを持っていることが
多々あります。

 

これはもちろん
良いことでも
悪いことでもなく

 

各人それぞれの価値観であり
そのレベルも無限にあると言えます。

 

文面からお察しするに

彼氏さんもクリエイティブなお仕事に携わって
おられるのではないかと思いますが

 

ご自分のお仕事に
強いコミットをお持ちとは
容易に想像できます。

 

ここでミミさんにお伝えしたいことは

彼氏さんは『仕事』と『ミミさん』を
同じ次元には存在させていないということです。

 

比較対比できないという意味です。

 

客観的には
彼氏さんにとっては
どちらも超大切であり

 

だからこそ
ミミさんに対して
>他に支えになる人を見つけてほしいとも。。。
>張りつめていたものが切れてしまった・・

というような言葉が発されるのです。

 

決してミミさんへの
気持ちが無くなったということでは
ありません。

 

人はそう簡単には
これまでたくさんのことを分かち合ってきた
パートナーのことが嫌いになることはありません。

 

人間はそういうふうにできているのです。

 

これは気休めではなく
わたしが同じ[男]として感じる部分です。


今、ミミさんにとって
何がいちばん大切かといえば

 

『手放してしまった。。』とか

『信用を失いそう。。』など

 

彼氏さんとご自身の状態について
思考を過剰に働かさないことです。

 

それは貴女が勝手に
思い悩んで決めてしまっているだけのことです。

 

客観的には
何もそういう状態ではないように感じます。

 

まずは、いったん
彼氏さんへの想いから
少しだけ自由になって

 

ミミさんご自身だけで
心身ともに良い状態を創ってください。

 

沸き上がる感情を
誤魔化したり戦ったりするのではなく

しっかり向き合って
感じて感じ尽くしてください。

 

しっかり感じ尽くしてあげれば
少しずつ少しずつ
感情は鎮静していきます。

 

感情が緩やかになれば
思考も少なくなり

ココロは清々しくなります。

 

同時にカラダを動かし自然に触れ
キレイな空気と水を体内に入れて

カラダ機能を存分に発揮させてください。

 

やがて徐々に自己肯定感が高まっていきます。

 

ミミさんがご自身のすべてに対して
肯定できるようになっていけば

 

ふたりの関係は
ふたりにとって
いちばん相応しい関係となって
成立していきます。

 

大丈夫です。

 

貴女は貴女の素敵な人生を
自らの手で創っていくことができます。

 

貴女の『路』を歩いてください。

 

応援しております。


ミミさんの友達
和田ドラムストロベリー